♯1『遅い時間に食べるひと手間ごはん』

疲れて帰宅した時こそ

労りごはん。

材料(ふたり分)

ごはん(お茶碗1杯分)

小松菜(2〜4束ごはんの代わりにたっぷりと)

小エビ

ちりめん

(久世福商店さんの「かけておいしい海老ちりめん」が便利です)

ごま(白でも黒でも)

塩(美味しい塩ならなんでも)

米油

元気がない時はいり卵を作ってトッピングに♪

作り方

ごはんがあれば10分でできちゃいます。

1、小松菜を洗って、細かく切ります。

2、フライパンに米油を引いて小松菜、小エビ、ちりめんを炒める。

 ちりめんのパリパリ感が好きな方は5分くらい炒めてください。

3塩で調味してごはんと混ぜる。

※ごはんは硬めの方が美味しいかも。。お好みで🎵

桜えび(小エビ)の色合いが綺麗で食欲をそそります。

これに、インスタントお味噌汁を作ってできあがり。

疲れた時は汁系のものが1品あるだけでとてもほっこりします( ´∀`)

カルシウムもとれて簡単だけど美味しい1品。

洗い物が面倒と思った瞬間にスポンジを持ってしまう

朝起きてシンクに物があるとどんよりするので

脳があれこれ考える前に体を動かすようにしています。

するふりをするだけでも結局体は動いてくれるので不思議です。

後片付けのついでに明日の朝ごはんのメニューを考える。

朝起きるのが楽しみになるような朝ごはんメニュー。

次の朝も昨夜の小松菜ちりめんごはん登場。

夜のルーティンがあるなら夜のテーマ曲を流して夜気分満喫

お気に入りの曲を聴きながら

手帳をつけて

今日のこと

明日したいこと

すこしづつ心がほぐれていって

うまくいかなかったことも

まぁいいかぁ〜と音楽を聴きながら水のように感情を流す。

こんなもんですよね。

今日も一日お疲れさまでした。